Monthly Archives: 9月 2012

ゲルバナ、うーぱ、速報 No11

マイスター:ラボメンの反応も良かったので
      早速、うーぱジャックの作成。

      こんな感じにできました。
      いつものように、バリをとって
      綺麗にしてあげよう。

ゲルバナ、うーぱ、速報 No10

マイスター:あれからしばらく、うーぱを作っている。

      ( ゜д゜)ハッ!
      体に棒を作ると、うーぱジャックになるのでは?

      プロトタイプを作成。

マイスター:「ラボメンよ。新アイテムです。
       その名も、「うーぱジャック」!!」

マイスター:「イヤフォンジャックに、装着するだけ。
       どう、欲しい?」

ラボメン :「ジャック部分どうなってるの?#電気的な意味で」
      「ジャック○○最近やたら流行ってるようで、人気出そうだねw」

マイスター:「今は、プラ棒。最終的には、キャストの一体成型にしたい。」

ラボメン :「絶縁体ならイイね!」
      「ストラップホールの無いスマホユーザには受けると思う!」

秘書室長 :「うーぱ!うーぱ!!ヽ(*・∇・)ノ」
      「これは胸熱♪」

ゲルバナ、うーぱ、速報 No9

マイスター:うーぱは強敵だが、ゲルバナもなかなかの強敵。
      ってことで、うーぱと同様に、ゲルバナも「タイ焼き」
      方法で量産化。

      キャストを型に流し込んで、二つを合わせて
      輪ゴムで固定、コロコロと転がす。

      マイスターだって成長するのさ、手馴れたもの。
      しかし、手はデロデロです。 (T_T)

      で、型を割る。

      ゲルバナが3つ!!
      誰だ!「電話レンジ(仮)」で実験を3回もやったの!!

ゲルバナ、うーぱ、速報 No8

マイスター:固まった頃合をみて型を割ってみる。

      Σ(・ω・ノ)ノ! うーぱがいるよ。
      おぉ、うーぱが埋まってる。
      助けてやらねば。

      ってことでうーぱを型から取り出す。
      3匹のうーぱ。
      これから、バリを取って綺麗にしてあげよう。


ゲルバナ、うーぱ、速報 No7

マイスター:いろいろ試した結果、「タイ焼き方法」が
      よいようだ。

      通常だと型を二つ合わせて、湯口から
      キャストを流しこむのだが、ウーパも
      ゲルバナも小さすぎるので上手く
      型に流れ込まないことが多々あった。

      そこで新方法の「タイ焼き方法」だ!!
      「タイ焼き方法」は、型を並べて
      はじめにキャストを流し込み、それから
      二つの型をあわせる方法だ!!

      そして、型を輪ゴムで固定して乾くまで、
      時間を置いてコロコロと転がす。
      これで隅々までキャストが行き渡るハズ!!

      さすがマイスターだ!!
      なんて画期的な方法。
      (複製物が小さいとみなさんやっている方法です。)

      相変わらず、手がデロデロです。(T_T)


AOIc anb1st コスプレ ベヨネッタ

BAYONETTA

コスプレイヤーアンブッシュによるandroid写真集第1弾!!
あの大人気GAME「BAYONETTA」から主人公の魔女「ベヨネッタ」です。

 

 

 

Google Play にてAOIc anb1st コスプレ ベヨネッタを見る

 

ゲルバナ、うーぱ、速報 No6

マイスター:型取りを行って、本日複製を行いました。

        結果!!

        惨敗。

        初めての複製だったので、キャストの粘度を甘く見すぎでした。
        型に流れ込まない。 (>_<)
        まぁ、もともとが小さいから型も小さくなって・・・・。 orz

        あまりの惨状に、びっくり報告でした。
        手がデロデロです。(T_T)
        かなり凹んでます。

        あおいのマイスターは、こんなことでは負けないぜ!!
        って、ことでちょっと型の形の見直しか
        別の方法を模索してみます。

ゲルバナ、うーぱ、速報 No5

マイスター:プロトタイプが出来たので型取りを行う。

        通常、シリコンを使って型を取るのだが
        あおい研究所は、研究費が壊滅的なので
        「おゆまる」を使用する。

        「おゆまる」、こいつはお湯に入れると
        柔らかくなって、冷めると固まる。
 
        失敗しても、お湯にいれてやり直すだけなので
        コスト削減である。

        地球に優しい、あおい研究所だ!!

ゲルバナ、うーぱ、速報 No4

なんだかんだで、プロトタイプ完成。

あいお研究所にてお披露目。

マイスター:「ラボメンよ。コレ何にみえる?」(自信ありあり)

秘書室長 :「??ゲルバナ?」(自信なし。)

ラボメン :「?うーぱ? なにで出来てるの?
       体は、ビー玉?」

マイスター:おいおい。反応薄くね。
       さすがに、パテ盛だけでは解らんか?

マイスター:「パテで出来ています。うーぱの体はプラ玉
       さすがにビー球を加工する技術はない。
       こいつをキャストで複製して、金具つけて
       ストラップにしたらどうよ。」

あと合流の:「あぁー、ゲルバナ、うーぱだ!!」
ラボメン

マイスター:「おぉ、喰いつきのいいのが来た。
       ストラップにして、イベント販売してみる?」

ラボメン :「いくら?」

マイスター:「複製できるかもわからんから。値段はあとだな。
       取り合えず、複製にチャレンジしてみる。」

マイスター:以前から、キャストの複製は興味があったが
      まさか、ゲルバナとうーぱでやることになるとは・・・。